MENU


info@hinomarurenta.com
お電話でのお問い合わせ
店舗所在地
〒300-0873
茨城県土浦市荒川沖4-66
TEL:029-843-8100
FAX:029-843-8200
日の丸レンタリース株式会社

営業品目
一般車輌
乗用車・トラック・バン・ワゴン・バス・ダンプ大小各種

特殊車輌
高所作業所・パッカー車・回送車・クレーン車・タイヤショベル

建設機械
油圧ショベル・ブルドーザー・大型草刈機・フォークリフト

建設機材
プレハブ・発電機・投光器・コンプレッサー・電動工具

農業機械
大小トラクター・家庭菜園用耕運機・草刈機

催事用品
テント・式典用具・展示会用品・祭事用品・会議用品

介護用品
福祉車輌・電動セニアカー・介護ベッド・車イス・住宅介護リフォーム

作業請負
建機作業・農業作業・除草機作業・重機回送作業

販売・買取
中古車・中古機械・販売・買取・修理・オークション代行

カーリース

カーリースって経済的!

カーリースとは、自動車を特定のユーザーに、一定期間・一定の料金で賃貸しすることです。
この場合、ユーザーは所有権を得ることはできませんが、購入した場合と同様に使用することができます。
また、カーリースでは、自動車以外にも資金・維持保守管理・税金・保険を含んだ商品として取り扱うこともできます。 カーリースの特徴として残存価格の設定が挙げられます。
これによって、リース契約終了時での自動車の残存価格を設定し、自動車の価格から残存価格を差し引いた金額をベースに リース料を決めることができるため、ローンによる購入よりも月額の支払いを低くすることができるのでとっても経済的です。
当社では普通車・軽自動車・福祉車輌・軽貨物・ダンプ・特殊車輌・重機・機材等多くの車種を当社なら3ヶ月以上のご契約からリース扱いの特別料金プランによりお借りいただけます。使用する期間や目的に合った借り方が選べるのでとても安心です。ご不明なことがございましたらスタッフへお気軽にお問い合わせください。

→車種や料金など詳しくはスタッフへご確認ください。

カーリースのメリット

  1. 効率的な運用
    リースは月々わずかな料金のお支払でご利用できますので、多額の設備資金を準備準備する必要がありません。資金にゆとりが生まれますので他の有効利用ができ、効率的な運用が可能となります。
  2. 経費として処理
    リース料金は税法上必要経費としての処理ができますので大きな節税効果が期待できます。リース料総額が貸借対照表の借入金として計上されることはないので、財務比率が悪化することもありません。更に実質100%の融資効果があるため、銀行からの借り入れ枠もそのまま温存できます。
  3. 諸費用の計算いらずでコストが容易に把握可能
    動産を所有の場合は、税金・保険料・修理代等の諸費用を全て集約しないと原価がつかめません。リースの場合は諸費用が全て含まれているので毎月のリース料が一括して把握でき、期間中のリース料は常に一定ですので資金計画がたてやすくなります。
  4. 事務の合理化が可能
    購入した場合に必要な手続、物件の減価償却の計算、固定資産税の申告、保険料の支払などの管理事務が必要ありません。煩わしい事務の省略が可能で合理化にも役に立ちます。
  5. 最新機械設備を常に利用可能
    技術進歩のペースが早い現代において常に新しい設備を取り入れることが重要となってきます。技術革新の激しい機械設備を購入された場合、法定耐用年数に達しないうちに経済的寿命がつきてしまうこともしばしばあります。このようなリスクをさけ経済的使用可能年数に見合った期間でリースできれば、いつも新鋭の機械設備が使えます。
  6. インフレによる影響を受けないので安心
    契約期間中のリース料金は常に一定ですので、リース期間中に金利が上昇しても問題なく、固定金利の借入と同様の効果があります。低金利時は特に有効です。

カーリースとレンタカーの相違点


カーリース レンタカー
使用目的 計画的・長期継続 一時的・短期的
契約期間 通常2年以上 時間・日・週・月など短期
所有者 リース会社名義 レンタカー会社名義
使用者 ユーザー名義 レンタカー会社名義
ユーザー 特定 不特定
ナンバープレート 所有車輌と同じ 「わ」ナンバー
保管場所 ユーザーが確保 レンタカー会社が確保
利用料金 年間契約のためレンタルの場合と月額で比較するとかなり割安 車輌、レンタル期間により算出
中途解約 不可(※解約する場合は違約金が発生します)
メンテナンス 契約内容によりますがリース会社が費用を負担 レンタカー会社
法定耐用年数 乗用車6年、トラック4〜5年 乗用車・トラック共に3年

カーリースと購入との相違点


カーリース 購入
車両代金 リース料を支払う 購入代金を支払う
税金、保険料 リース料に含まれる 発生の都度支出有
車輌管理メンテナンス メンテナンスリースはリース会社が全て行う ユーザーが行う
30台以上保有の場合専任管理者必要
ユーザーの経費処理 全額経費として損金処理 資産計上し、減価償却を行う
車両所有権 リース会社 ユーザー
(割賦販売も実質ユーザー)
代替・廃車処分 リース会社に車両返却で終了 売却処分、資産抹消、売却損益計上

借りる手続って大変?

いいえ。簡単にお借りいただけます。
まずは、お客様の身分証明書(免許証等)をお持ち下さい。
所定の申込書へご記入いただきます(その際簡単な審査がございます。)
あとは、必要な時間と日数を教えて下さい。
窓口にてスピード対応いたしますのでいつでもお手軽にお借りいただけます。
ご希望の車種が貸し出し中の場合もありますので予めお電話又はメールで在庫のご確認ください。
▼お電話でのご予約は
営業時間 平日9:00〜18:00 日・祝祭日休日
▼メールでのご予約は

料金の支払い方は?

窓口でのご相談受付後、ご契約時ご利用予定期間に基づいて期間中の料金を前払いにて申し受けます。お客様都合による期間中の解約の場合、リースにての特別料金設定のため、前払いにてお支払いただきましたリース料金につきましてはご返金の対象となりませんのでご注意ください。また、ご契約期間超過の場合は返却時に実際の料金の不足分をご精算させていただきます。なお、ご連絡なく返却時間を超過した場合には、所定の違約金を申し受けますのでご了承ください。


Copyright(c)2009 HINOMARURENTA.Co.Ltd, All rights reserved.